自毛植毛 クリニック おすすめ

MENU

AGAクリニックで受けられる治療内容とは?

薄毛専門クリニックに来院すると、まずはカウンセリングが行われ医師による脱毛症・頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察します。 次に血液検査で薬の投与が身体に与える影響がないかを調べます。 次に一人一人の症状や体質に合わせて治療内容をオーダーメイドします。

さて、主な治療法ですが、1つめはAGA治療薬です。 これは薄毛治療の中でも90%以上の方が実感しており内服薬や外服薬によるものです。 AGAおすすめクリニック

2つめは毛髪再生メソセラピーと言って個人に合う医薬品を注射器や超音波やレーザーで頭皮に直接浸透させる治療法で、産毛や弱弱しい毛を太く強い毛に育て上げます。

3つめの自毛植毛は今では注目を浴びている治療法で一昔前主流だった人工植毛は影を潜めています。 自毛植毛は自分の後頭部の毛を薄毛部分に移植する方法で後頭部の毛髪は薄毛の原因である男性ホルモンの影響を受けないので永続的な効果があります。

また、女性の薄毛治療を行っているクリニックも多数あります。 どこのクリニックもプライバシーを最大限に配慮していて完全個室でカウンセリングをうけれるので安心して相談しやすくなっています。 横浜のAGAクリニック【薄毛治療でおすすめはココ】

薄毛治療の費用はどれくらいかかるのか

薄毛治療の場合は個人差がありますが継続しておこなう必要性があるため一概にいくらだと断定はできませんし、選ばれた治療内容にもよります。 しかも、薄毛治療は基本的に健康保険が適用されず安価ではありませんので治療を受ける前に費用の確認が必要です。 大阪の薄毛治療クリニック

まず、AGA(男性型脱毛症)の治療薬プロペシアの費用は、正規価格は1錠250円ですが、薬剤費や調剤料なども加算され300円以上になり、月にして10,000円を超えることがあります。 しかし、プロペシアは自由診療の薬ですので男性専門クリニックだと月8,000円未満で購入できます。 ちなみにネットで海外から個人輸入をする方法もありますが偽造品の可能性がありますのでお勧めしません。

プロペシアと並んで効果が高いリアップX5は60ミリリットルでおよそ7,000~8,000円の間が相場です。

次に、植毛の費用ですが、自毛植毛の場合はドナーを採取するための技術料も加算され移植する範囲にもよりますが、およそ50万~100万で範囲が広ければ200万になることもあります。 一方、人工毛植毛の場合は、1本300円弱が相場ですので、1,000本移植すると30,000円ほどですが、時間が経つと抜けるため永久的に植毛をし続けるのでかなり高価になります。

薄毛治療に必要な期間はどのくらい?

薄毛治療に必要な期間は治療方法や個人差がありますが一番早いのは人工植毛で即日です。
手術は1日で済むので術後はフサフサですが1年以内に切れたり抜けたりするので再手術を繰り返すことになります。
他の治療法では半年程度経てば改善されてきます。

髪にはヘアサイクルと言う髪の毛が生えてこない休止期から発毛が行われる成長期がありその期間は3か月から6ヶ月程度になります。
ですから、たとえ即効性のあるといわれるHARG療法でも栄養剤を頭皮に注入しても髪の毛が生えるにはヘアサイクルが正常に戻るまで待たなければいけません。

また、市販されている育毛剤は3か月で改善すると謳っているものもありますが実際は半年から1年たって改善されることが多いのです。
もちろん使用者全員にが実感できるものではありませんし逆に副作用により改善が遅れることもあります。
ですから、早いタイミングで効果を出すには、食生活や生活習慣の改善と育毛シャンプーや育毛剤や育毛サプリメントなどを併用するのも一つの方法です。
薄毛の改善は毎日の努力の積み重ねですので3ヶ月以上は続けることを心がけることが大切です。 AGA 札幌

良い薄毛治療クリニックを見分けるポイント

現在では薄毛治療クリニックがたくさんあり過ぎてどこが良いか迷ってしまいます。そこで、見分けるポイントをご説明します。まずは、医療機関であることが最低条件です。医師がいなければAGAを改善する男性ホルモンなどの内分泌系に作用するお薬の処方ができません。毛穴の洗浄やマッサージなどだけでは根本治療にはならないのでご注意ください。次に、発毛治療専門のクリニックを選びます。一般の皮膚科などでも薄毛治療をしてくれますが、専門医に比べて知識がないため、薬を処方するだけの場合もあるので、発毛治療専門のクリニックを選ぶ方が薄毛の改善への近道と言えます。次に、丁寧なカウンセリングをするクリニックを選びます。一般の病院では医師が薄毛やAGAに対して興味がない為丁寧な診察やカウンセリングが行われない事が多いので、あなたの髪の毛の状況から生活習慣や悩みなどを丁寧に聞いてそれに合った治療をするクリニックを選びます。そして、副作用に関する説明のあるクリニックを選びます。AGAなどに用いる薬は必ずしも副作用がないわけではないので、ごまかさずにその説明をしっかりしてくれれば安心して治療ができます。最後に医師やスタッフとの相性が良ければ治療もスムーズです。信頼関係の保てるクリニックが理想的です。

AGA(男性型脱毛症)になる原因

AGAとは、AndroGenetic Alopeciaのことで男性型脱毛症のことを言いますです。成人男性の薄毛はほとんどがAGAで、おでこの生え際や頭のてっぺんの髪の毛が抜けて生えてこなくなり地肌がみえてくるのが症状です。それでは3つの原因をご説明します。1つめは、男性ホルモンは体毛やひげなどの毛を生やす作用がありますが 額の生え際や頭のてっぺん部分では男性ホルモンと結びついて脱毛を促進させる酵素の影響で薄毛になりやすいのです。ストレスによるホルモンバランスの崩れも考えられます。2つめは、加齢による原因で、思春期以降にはじまる生理現象で防ぎようがありません。3つめは、遺伝によるもので親や家系が薄毛だと自分も薄毛になるとよく言われますが決して100%ではありません。AGAは母親の家系からその体質を引き継ぐ優性遺伝であるとも言われています。つまり、AGAは男性ホルモン・加齢・遺伝が主な原因ですので、薄毛が気になりだしたら着実に進行します。ですから、早めの治療すれば早く効果が現れますのでためらわずに実行されることをお勧めします。
更新履歴